粗大ゴミ回収は一般ゴミと違い有料です。自治体の回収や不用品回業者を賢く利用しましょう。

粗大ごみの定義について

粗大ごみ定義とは、日常生活に伴って一般家庭から排出される大きなごみのことを言う

家で長く使っていた家具や電化製品などが壊れたり古くなって使いにくくなった場合などに、ごみとして処分するのが一般的です。ごみの種類には、一般家庭から毎日のように出る食品や紙などの燃えるごみやガラス、金属、瀬戸物などの燃えないごみ、その他にもプラスチックや乾電池、古紙などの資源ごみなどに分かれ、更に粗大ごみがありますが、その定義とは、日常生活に伴って一般家庭から排出される大きなごみのことを言います。これには、ソファーやテーブル、椅子などの家具やスポーツ用品、オーディオ機器や電子レンジなどの一部の電化製品が含まれます。

一辺の長さが30センチ以上あるものは、基本的に粗大ごみとしての扱いになりますが微妙なサイズは収集業者の判断によるものも大きいためごみの分類は左右されることがあります。

家電リサイクル法は、無駄なごみを減らして再生できる資源を有効に活用するための制度

また、同じように一般家庭から出るごみでも家電リサイクル法の対象となっている電化製品やパソコンなども粗大ごみではないのでそれぞれ処分方法を考える必要があります。家電リサイクル法とは、無駄なごみを減らして再生できる資源を有効に活用するための制度です。対象となる家電製品には、ブラウン管式のものも液晶のものも含めたテレビをはじめエアコンや冷蔵庫、洗濯機などが当てはまります。

これらの家電製品は、ごみとしてそのままごみ置き場に出すのではなく、各自治体が定める不用品回収業者に依頼して有料で引き取ってもらうか、購入したお店で引き取ってもらう方法があります。その他にも、製造したメーカーで引き取ってもらうか、新しく商品を購入する際にそのお店で引き取ってもらうという方法もあります。

粗大ごみ回収業者ランキング

パソコンもパソコンリサイクル法に従い、購入したお店かメーカー、または新しい商品を買ったお店で引き取ってもらう

また、パソコンに関しても同様で、パソコンやパソコンに必要な機器はパソコンリサイクル法に定められているため基本的に購入したお店で引き取ってもらうか、パソコンやその他の機器を製造したメーカーに引き取ってもらう、または新しくお店で商品を購入する際にそのお店で引き取ってもらうという方法があります。

環境を守るためにも、規則を守りごみの分類を確認してから処分しましょう

遺品整理や引っ越しなどで、急にごみを処分する必要が出てくる時がありますが処分したいごみが何のごみに分類されるのかしっかりと確認したうえで処分をしなければいけません。安易に処分してしまうと規則に違反してしまったり、環境汚染にもなりかねません。

そのため、それぞれの自治体ではごみに関する情報を提供しているため一度連絡をして確認を取ってから処分すると安心であると言えます。

最新記事