一般に粗大ごみとは?

ゴミの種類知ってますか?

ゴミには燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミ、家電リサイクル法の対象である特定家庭用機器、リサイクルの対象機器である家庭用パソコン類、一般には地方自治体が収集しないゴミ、のような分け方をしている場合が多いものです。

燃えるゴミとは食料品の容器とか紙パック、台所の塵芥ゴミ、及び紙クズのようなゴミと衣類や紙オムツ、皮革製品や菓子袋やポリ袋があります。
燃えないゴミは刃物や瀬戸物、ガラス製品や金属製品、缶詰の空き缶、食料品以外のプラスチック容器、魔法瓶やトースターなどの小型家電製品、スプレー缶、電球などがあります。
資源ゴミにはビール瓶やその他のガラス瓶があり、ペットボトルや発砲スチロール、紙パック、それからアルミやスチールマークの入っている空き缶、新聞・雑誌・ダンボールなどの古紙があります。

特定家庭用機器やリサイクル可能な有価物、自治体が回収しないゴミなど処分方法がそれぞれ異なります

特定家庭用機器はエアコンやテレビ、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫や冷凍庫などがあります。家庭用パソコンはノートやデスクトップ、CRT式と液晶式のディスプレイ、その他の外付け製品があり、マウス・キーボード類もパソコン・メーカーに直接送付することになります。リサイクル可能な有価物に対しては取引価格が上昇していて日本国内においては中国や東南アジア方面へ輸出されていて国内のリサイクル産業にとっては打撃となっているようです。
自治体が収集しないゴミについては車のタイヤや廃油、建築・建設廃材、電気温水器、ドラム缶、ガスボンベ、流し台などがあります。これ以外でもバッテリーやオートバイ、農薬、農器具、太陽熱温水器、浴槽、ピアノ、耐火金庫等は事業主の責任で、又は購入した販売店や専門業者に相談をかけて処理することになります。
生ゴミ処理機や生ゴミ乾燥機の購入者には補助制度がとられている場合もあります。

粗大ゴミとは、ゴミの処理において適正処理困難物である一定の寸法や重量以上の廃棄物のこと

そして粗大ゴミですが、これは大型のゴミのことでタンスやベッドなどの家具があったりタタミやジュータン、あるいはマットやカーペットがあります。寝具である敷布団やかけ布団があります。
大型の金属製品である自転車やブランコなどの子供の遊具や古木材などもあります。
これらのことから粗大ごみとは?一定の寸法や重量以上の廃棄物のことを言います。ゴミの処理において適正処理困難物の場合が多いとされています。
収集された粗大ゴミは処理施設等で破砕にかけられたり圧縮処理されることになります。
最近は粗大ゴミが定期的に無料で回収されることが少なくなって来ていて自治体によっては有料化される動きが出ています。