引っ越し時に粗大ごみの処分をしてシンプルな生活を始める

最近は、家具や持ち物を最小限にした「持たない暮らし」や「シンプルライフ」が注目されている

毎日の生活の中で必ず出るものがごみです。最近は「持たない暮らし」や「シンプルライフ」といった言葉もあるように、家具や持ち物を最小限にした生活が注目されています。
実際に必要最低限の生活をするとしたら、まずは自分の持ち物や家具の見直しから始める必要があります。自分自身の生活に本当に必要なものを残して他の物を処分すると、それを収納していたタンスや棚が必要なくなります。そうやって順番に物を整理していくうちに、シンプルな部屋になっていきます。
シンプルな部屋を維持するためには、持ち物を増やさない工夫も大切です。何かで代用することはできないか、それは本当に必要なのかを考えることで、不要なものを増やしてしまう危険を回避することができます。

引越しのタイミングで、自治体の回収サービスで不用な粗大ゴミを処分しましょう

持ち物を減らした暮らしを始めるのに適したタイミングとして引っ越しがあります。これまで使っていなかったものを思い切って処分したり、着なくなった服をリサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。
また、大きな不用品は粗大ごみとして処分することができます。横浜市では、粗大ごみの回収サービスがあります。
インターネットか電話で申し込みをすると、後日回収をおこなってくれるというシステムです。申し込みの際に処分したいごみについて質問をされ、大きさや種類によって処分料が決まります。インターネット上でおおよその金額を確認することもできます。処分料は郵便局やコンビニエンスストアでおさめることができます。その際に受領証と一緒にシールが渡されるので、それを処分したい粗大ごみの目立つところに貼りつけます。申込者の名前を書く必要がりますが、個人名を記入したくない場合は申し込みの際に伝えることでイニシャルでの記入も可能です。指定された場所と日時に従って運ぶと、あとはその日のうちに回収に来てくれます。近くの普通ごみの集積場などが指定されることがほとんどです。

不法投棄はマナー違反!ゴミの分別や資源ごみの回収に関して環境への配慮が求められている

昔から問題となっているのがごみの不法投棄ですが、他人の土地に無断でごみを捨てることはマナー違反です。
ごみの捨て方は地域によって定められた決まりを守っておこなうことが大切です。自分の家や部屋をきれいにする代わりに他者の敷地を汚すのでは本末転倒です。
ゴミの分別や資源ごみの回収など、家をきれいにしながらできる環境への配慮が求められています。インターネットは、大きなごみの捨て方や回収についての情報を集めることができるためとても便利です。